« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012年8月19日 - 2012年8月25日

2012年8月23日 (木)

シンガポール旅行記⑥

ホテルのクラブラウンジで美味しいTWGの紅茶を飲みながら

朝を過ごします。

このTシャツは先述した台湾ブランド「iroo」のもの。

3500円ぐらい。

フリルも、ビジューもアクセサリーもついた

賑やかなTシャツです。

Sany2163

今日はチャイナタウンへ出発。

賑やかな市場の雰囲気は楽しい♪


Sany2186

そのチャイナタウンから大通りに出ると

スリ・マリアマン寺院があります。

ヒンドゥー教の寺院です。


Sany2179

インド人の信仰のために作られた寺院。

信仰の神々や、神話の英雄など

とにかく豪華に飾り付けられた入口の門です。

ゴプラムというそうです。

180年まえぐらいから何度か建て替えられながらも歴史のある

まさに東インド会社の貿易の頃からの

移民のための寺院です。

シンガポールは

マレーシア、中国、インド、インドネシアなどからの移民が多く

貿易の拠点として発展していったところなんですね。

印鑑やさんを発見。


Sany2189

お土産屋さんも多く

お土産屋さんでマグネットを買いました。

息子の友人たちへのマグネットを選んでいるところ。

5個で10ドル=650円ぐらいです。

Sany2191

そして、こちらはガイドブックでも有名。

地元の方も多いカキ氷やさん。

「味香園」。

現地ではカキ氷をアイスカチャンといいます。

ストロベリー&マンゴーを注文。

400円ぐらいでした。

味のついた氷を削ったようで、しかもふわふわ。

ソースやフルーツものっていて

とにかくボリューム満点です。


Sany2205

暑い昼間の散策中に、いい休憩になりました。

お昼を過ぎていたからか、街中は午後の静けさ。

そんな道を歩いていて、マッサージの看板に目をとめる。

Sany2219

30分で20ドル1300円ぐらい。

家族3人同時に出来るかどうか尋ねて

OKだったので、店に入る。

地元の方に混じって着席。

それぞれ担当者がつく。

私は、女性。

息子も、女性、主人は男性のマッサージ師でした。


Sany2221

この足からして、おわかり??主人撮影。↓


Sany2223

モジャモジャの足、お許しくださいね。

マッサージも上手。

歩き疲れた足が、帰りは軽くなっていました。

ぜひチャイナタウン散策では、カキ氷とマッサージを。

|

2012年8月19日 (日)

シンガポール旅行記⑤

主人の幼馴染がシンガポールに住んでいるので

カニを食べに連れて行ってくれました。

Sany2011

オープンテラスの地元の人気店

seafood center

車で20分ぐらいのところです。

大きなテーブルに

みなさんわいわい大人数で訪れ

カニを食べていました。

Sany2013

カニといってもチリソースのカニ。

辛味と甘みが、カニをさらに美味しくさせる。

インドネシアのサテ(焼き鳥みたいなもの)や、

バンブーシュリンプ(大きなマテ貝のようなものを醤油とにんにくで味付け)も一緒に。

主人の幼馴染の奥様が現地の方なので

お料理の注文はお任せ。

いろんなシンガポールの魅力が聞けて

シンガポールに住んでみたくなりました。

幼馴染だけに、主人とはあうんの呼吸で

離れていて10年ぶりに会ったのに

まったく遠慮ない話しぶり。

なんだか羨ましくなりました。

さて、こちらは

クラブラウンジの朝食。


Sany2079
オムレツを焼いてくれる(私の後ろ)ブースがあって

主人はsunny side upを注文。

目玉焼き。です。

Sany2080

野菜がとにかく美味しくて

野菜をいっぱい食べました。

このピンクのニットは、moiselleで購入したものです。

2万円ぐらいだったかな。

ちょっと派手ですが元気がでる色。

パールや刺繍のおかげで

アクセサリーがなくてもいいくらいです。

オーチャードストリートへ行きました。

シンガポールの中心部。

アイスクリームの露店。

1ドルで、アイスクリームをパンに挟んでくれます。

つまり65円。安い。


Sany2095

マンゴーアイスをフカフカのパンに挟んで

歩きながら頂きました。

シンガポールは、歩きタバコ、ガム、ポイ捨て

とにかく厳しい街なので、きれいです。


Sany2097

タカシマヤでお昼休憩。

息子が日本食が食べたいといい

地下のフードコートへ。


Sany2098

日本のデパートがあると

買い物が便利そうですね。

こちらはラッフルズホテル。

鈴木京香の映画「セカンドバージン」にも登場(らしい)。

(見てない)

社会で習った東インド会社の貿易時代からの

老舗のホテルで、古い歴史があります。


Sany2131_2

中庭では、結婚式の準備中。


Sany2117

この歴史的な建物の3階へ行くと・・・


Sany2120

パイナップルケーキの美味しいお店があるそう。

,ガイドブックにも載ってます。

「sunny hills」。

お店へ行くと、日本人が多くて

「試食どうぞ〜」と通される。


Sany2126

美味しいウーロン茶とともに

台湾直送のパイナップルケーキをいただく。

バターの香りがたっぷりで、

中の餡はパイナップルがこれまたふんだんに使われていて

びっくりする美味しさ。

観光で疲れたところに

このおもてなし、

ハートを打ち抜かれました。


Sany2128

このこの、商売上手〜♪

おもてなしのおかげで

味も太鼓判。

お土産にいくつか購入することとなりました。

|

シンガポール旅行記④

泊まったホテル「マリーナベイサンズ」のすぐそばに

ショッピングモールがあって

買い物はとっても便利。

屋内モールで涼しいです。

シャネルやヴィトンなど高級ブランドはひととおり揃っているし

中心に川が流れていて

ゴンドラにお客さんを乗せたりして

高級感のあるモールです。

24時間のフードコートもあります。

そこでシンガポール名物の

チキンライスを食べたりしました。

一番、素敵だったのは

香港の高級紅茶ブランドTWGのカフェ。

川の中心、つまりブリッジのスペースにカフェが出来ていて

上から眺めると、こんな感じ。

Sany1985

カウンターの奥には

リーフがずらりと並んでいて

いろんな名前のお茶があります。

TWGは日本へも進出しており

自由が丘にもお店がある

高級な紅茶屋さんです。

値段もそこそこ高いです。

ホテルのクラブラウンジで

TWGの紅茶は

オーダーできるので(種類は5種類ぐらいと少ないです)

カフェには行かず、毎回

クラブラウンジで頂いていました。

(お部屋の紅茶もTWGなので、嬉しいですね)

個人的な感想としては

あっさりとした飲み口

苦味がない。

濃い目で香りも苦味もうまみもしっかりあるほうが好きな私は

目安の2~3分の抽出時間では物足りなかったです。

しっかり長めに4~5分ぐらいティーバッグを浸けて

ようやく好みの味になってました。

マリアージュフレールもそうですが

コットンのティーバッグが高級感あふれます。

浸透しすぎて

ティーバッグの持ち手のところまで

ビチャビチャになってるのは難点です。

1つのティーバッグで100円程度。

15個のティーバッグで1500円ぐらいでした。

パリのマリアージュフレールでは

日本で3000円するティーバッグ30個入りが

1600円ぐらいで買えた様な・・・。

シンガポールの物価は日本とほぼ同じか

8~9割ぐらいといったところでしょうか。

観光地は高いからかな。

お洋服が大好きな私は

アジアブランドがマイブーム。

大好きな香港ブランドmoiselleを発見。


Sany1988

他のブランドはセールは終わっている時期なのに

まだセールの文字が。

素敵なお洋服が多いのでぜひ覗いてみてください。

Sany1989

お店のスタッフの方と

カタコトの英語でおしゃべりしながら

ゆったりと楽しめました。

サイズが揃っていなかったりして諦めたものも。

結局

ニットを3枚ほど4万円ちょっと購入。


Sany1990
欲しいものが多いので

日本円に換算してもらいながら

値引率のいいものや、お気に入りのものから

順番をつけて

上位3つを買った形です。

moiselleは定価が高いので要注意。

Sany1995

イメージでいうと

アンナモリナーリのような鮮やかなデザインニットが

揃っています。

そして、こちらは台湾ブランドのiroo。

こちらも、moiselleもシンガポールには1店のみ。

Sany2001

ZARAをもっとアジアのパターンで丁寧に縫製した感じで

カジュアルからオフィス、パーティーまで幅広く

揃っています。

ストライプのこちらのジャケット(カットソー?)は

7000円ぐらいと激安。

店頭では、見やすい数だけ出して

買い物しやすいようにしてある。

違うサイズや、こんなワンピが欲しいというと

奥から探して来てくれます。

ミュウミュウの新作と同じようなデザインスカートを出してきてくれたり

なんだか高級ブランドを大人買いしてる気分で

楽しいです。

ただし、ミュウミュウもそうですが

ミニ丈のスカートやワンピが多く

日本に帰ると年齢とのギャップに浮いてしまいそうです。

つい、シンガポールのミニ丈の女性に憧れて

買ってしまいそうになりますので、要注意。

買った服は、また改めて紹介します。

irooは、とにかく回転が速くて

毎日ショップへ行っても

違う洋服が出てきたりして

人気のようです。

試着もしやすく、スタッフの方も活気があって

つい買っちゃいます。


|

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »