« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011年8月27日 (土)

ライブでサプライズ!

久しぶりにオリエンタルホテル

1階ニューヨークカフェへ。

お気に入りのバンドのライブを聴きに

友人たちと待ち合わせ♪

いつものように

果物の生絞りで作った

ノンアルコールカクテルを頂きながら

おしゃべり&ジャズを聴く。

するとボーカルのしんちゃんから

「あらおあきこさーん、お誕生日ちょっと早いですがおめでとーぅ」と

いきなり名前を呼ばれる。

20110825_214215_2

「えっ、わ、わたし!?」

しんちゃんの「Happy bidrthday」ソング

同時にケーキが運ばれてきました。

20110825_214259

まだ2週間前なので(笑)

予想もしていなかった、

ほんとのサプライズ!!

ライブ中の演出として

プレ誕生会!?してもらいました。

ケーキは友人ワッフル 櫟(くぬぎ)の貴代さんの手作り♪

Nec_0338

ぎゃ~ぁどうしよ。どうしよ。

会場のお客さんも注目。

照れくさいものですね。

20110825_214456

フルーツいっぱいのケーキ

溢れんばかりの愛をフルーツに変えて

本当に本当に幸せ。

いつもありがとう。貴代さん。

P1001657

そのライブとは、

アフロボッサというバンドです。

私の左がボーカルの森田しんちゃん。

20110825_214421

以前、身近なエグザイル・・・とブログに書きました。

そう、彼です。

しびれるようなセクシーな歌声。

貴代さんの友人でもあります。

20110825_214638

左から奈緒ちゃん、アフロボッサの中野さん、(上)貴代さん、

私、あゆみさん、真理子さん

仲良くしてくださって、ありがとうございます。

20110825_224925

20110825_225342

気分は、「少女時代?」

おばさん時代ですけれども。

歌を聴いたあとは

歌を歌おう!ということになり

カラオケに。

おしゃれなバーから、一転

歌い踊る

ノリノリの夏の夜となりました。

20110826_010834

カメラを持って出ていなくて

みんながとってくれた写真ばかりです。

|

2011年8月24日 (水)

高松出張です

P1040453

高松に日帰りで行って来ました。

広島から岡山まで新幹線。

岡山で高松行きのマリンライナーに乗り換えです。

この快速マリンライナー

1号車だけが2階建て

1階が指定席

2階がグリーンでした。

行きは1階の指定席。

帰りは乗変して、2階のグリーンにしました。

座席は大差ないですが

景色が違いました。

P1040452

高松まで40分程度

あっという間です。

高松駅でアンパンマン列車に遭遇。

かわいすぎる~!

P1040470

高松もどんより曇り空

駅のまん前のホテルで仕事です。

P1040465

控え室を用意していただきました。

そこから海やフェリー乗り場が見えて

見晴らしがよかったです。

P1040468

帰りの電車の中から海を撮影。

瀬戸大橋を渡っているとき

高所恐怖症ならでは、

見下ろす景色にぞ~。

エッフェル塔を思い出しました。

結構高いところを走りますね。

P1040475

|

2011年8月23日 (火)

我が家の女子会

先日の我が家のアラフォー女子会です。heart04

朗読会の打ち上げを兼ねて

裏方でお世話になった方々をお招きして

美味しいワインを空けましたwine

P1040349

右から

レイノインの参与、真理子さん

花王のあゆみさん

先輩の敏恵さん

由紀ちゃん

そして私の左が

最近は一緒にいることが多い(笑)

ワッフル櫟(くぬぎ)のオーナー貴代さん

みんな輝くように素敵で

頼りになる友人たち。

それぞれ忙しいから、

一気にみんな集まるなんて

奇跡なのかも。

テレビに出なくなってからのほうが

大切な人に出会えているような気がします。

本当にありがとうheart04

P1040350

この日は、あゆみさんの誕生日の前日。

プレ誕生日お祝いをしました。

P1040352

会話が途切れないくらい

おしゃべりさんばかりなので

キッチンに立っていても

賑やかな声が聞こえてくる。

誰かしら

キッチンに手伝いに来てくれて

散らかったキッチンに手を入れてくれて

大したお料理でもないのに

いちいち感激してくれて(笑)

女同士のこんな時間が

今は大のお気に入りです。

恋愛とか、女盛りとか

縁遠くなっていっても

怖くないぞ~。

これだけ輝ける友人たちと歳を重ねられるからです。

|

美味しいお菓子

レイノインの真理子さんから

頂いた冷蔵のお菓子。

「お気に入りだから食べてみて~♪」とのこと。

嬉しーい。

P1040358

「ハスカップ ジュエリー」

なんて大人なパッケージなんでしょ。

開けてみると・・・

P1040360

うわ~、チョコレートクッキーサンドだぁ。

キレイに整列。

P1040361

かじった断面で失礼します。

濃厚なハスカップジャムを

バタークリームと一緒に

クッキーでサンド。

ふちにはチョコレートがかかっていて

小さなケーキのような凝った作り。

ハスカップジャムは酸っぱいけれど

周りが甘いだけに

絡み合ってからちょうどいい。

とっても美味しかったです♪

生協のチラシからも注文できるそうですよ。

我が家も、生協さんにお世話になっていますが

いつも食品のチラシしか見ないので

こういったお取り寄せ特集のチラシは見逃していました。

今度から、お取り寄せの楽しみも

探してみましょう。

|

パリ旅行⑥ ディズニーランド

パリの街中に

レンタルサイクルが並んでいます。

最近、広島でも

借りられる場所がたくさんありますね。

パリは、電動自転車でした。

Sany1123

自転車大好きの息子が

どうしても借りたい!とせがむので

英語での案内の機械を

何度も駆使すること30分。

クレジットカードを通して

ようやく借りることができました。

20分1ユーロぐらいだったかな。

P1040292

このとき借りられる自転車が一台しかなくて

自転車でセーヌ川まで行ってみよう、と

主人がマラソンしながら

息子のサイクリングに付き添いました。

私は、ホテルでお留守番です。

最終日は、ディズニーランドに行ってきました。

地下鉄にのって

1時間ぐらい

郊外まで電車一本終点です。

Sany1146_2

正直言うと

狭いわりに混んでる

しかも道がうねっていて

わかりにくい。

何度も園内で

道がわからなくなりました。

香港のほうが空いていて小さくて

わかりやすいからかな・・・。

東京は人は多いけど

ディズニーシーもあるし

全体的に広い感じがします。

なんといっても欠点は、

シングルライダーの乗り物が無いこと。

香港でも、東京のディズニーシーでも

乗り物はほとんどシングルライダーで

息子1人で行ってくれるので

待ち時間もそんなにかからない。

パリは・・・どうしてシングルライダーが無いのでしょう。

あとは、息子が大きくなって

飽きてきたのもあるのかな。

あまり楽しまずにすぐに帰りました。

でも、大事なアトラクション

懐かしい若かれし頃のマイケルに会えました。

キャプテンEOを見ました。

大好きなマイケルのポスターと一緒に。

Sany1178

ホテルの部屋から夜10時

ようやく日が暮れて(パリは日暮れが9時すぎ)

エッフェル塔が

キラキラと点灯♪

偶然にも10時の点灯が見れて

心踊る夜でした。

夏は涼しくて、日暮れが遅い

夏だけ・・・ここで暮らせたら最高でしょうね。

P1040333

さて、帰国は気流の関係もあり

とても早く感じました。

素敵な街・・・

ふと行きたくなる街・・・と誰かが言っていた

本当にパリに恋しました。

Sany1282

|

2011年8月21日 (日)

パリ旅行⑤ ヴェルサイユ宮殿

「ダヴィンチコード」「ココアヴァンシャネル」そして・・・

またまた映画をヒントに

行ってきました。

ヴェルサイユ宮殿です。

ソフィアコッポラ監督の「マリーアントワネット」

史実を元にした映画だけに

賛否両論あったようですが

豪華なファッションやラデュレのマカロンなど

美しく鮮やかな世界観と

1人幼くてオーストリアからフランスにやってきたお姫様の視点は

マリーアントワネットを

身近に感じることができました。

Sany1211

ヴェルサイユ宮殿の入り口です。

パリから車で1時間ほど離れたところにあるので

効率よく観光するために

日本からバスツアーを予約していきました。

途中ダイアナ妃が亡くなったというトンネルを通ったり

パリの郊外の町並みを見ながら

日本人ガイドさんのヴェルサイユ宮殿の解説を聞きながらの旅路。

より街を知るいい機会でした。

宮殿に入ると

豪華な装飾に圧倒されました。

私は、天井に描かれた絵に感激しました。

ルイ14世時代の王様の権力を実感します。

ギリシャ神話の神々が

それぞれの部屋に表現されているわけです。

P1040326

どんなに強い王様でも

命はたったひとつ。

永遠ではなく

残されたその豪華な宮殿が

歴史を伝え続けている。

豪華なお城も

豪華な壁画も

豪華な財産も

フランス革命の歴史を知ると

どこか寂しくなるのです。

まさかこんなに世界中の人が

観光地としてたずねることになるとは

思いもよらないでしょうね。

P1040328

最も豪華絢爛・・・「鏡の間」。

映画の中では明るく豪華に映し出されていたので

自然光では、思っていたよりも落ち着いた雰囲気でした。

イヤホンを借りて日本語ガイドを聞きながら

楽しめました。

帰国してから

もっとマリーアントワネットの歴史を知りたいと

もうひとつ映画をDVDで観ました。

「マリーアントワネットの首飾り」

主人公はジャンヌ(!?でしたっけ)ですが

運命に翻弄されたそれぞれの生き方

悲しい史実。

映画によって、マリーアントワネットの描かれ方が違うので

興味深いですよ。

さて、次回は・・・世界の車窓から♪(笑)

ディズニーランドまでを旅します。

Sany1274

|

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »