« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011年8月14日 - 2011年8月20日

2011年8月18日 (木)

パリ旅行④ グルメ&ショッピング

フランス料理のランチ

メニューがまったくわからない。

ギャルソンに、

ビーフはどれ?と

シーフードはどれ?と聞き

教えてもらったものを

そのままオーダー(笑)

だからどんな料理が出てくるのか

まったく分からない。

P1040257

お水は、「エビアンプリーズ」(笑)

なんとかなるんデス。

出てきたシーフード料理は・・・

P1040260

ムール貝の小粒がたっくさん入った

スフレのようなオーブン焼き。

下がパイになっていてサクサクして

上は、ふわふわの卵カステラのようなスフレ。

塩味のムール貝が

アクセントになっていて

食感が面白い。

でも、バターと卵たっぷりで

香りはお菓子のようでした。

こちらは、デザートに

「オペラ」。

コーヒームースと

バタークリーム

下のクッキーもバター味

コッテコテ~。

P1040262

コッテコテなのに、全て美味しい!

本当に美味しい!

近くには、シャネル本店があり

目の前でパチリ。

映画「ココ アヴァン シャネル」で見た

螺旋階段を窓ガラス越しに見つける。

Sany1017

ここで、オートクチュールのショーが行われているんですね。

そういえば、

映画「ココ アヴァン シャネル」も

前回のブログで書いた「ダヴィンチ コード」も

フランスを代表する人気女優

オドレイ トトゥ。

映画のおかげで感動がひとしお。

Sany0988

ルイヴィトンの本店。

中は迷子になりそうな展示の作りで

息子を探して

ナン往復かしました。

セキュリティーの人が

「撮影NG」と

他の観光客にお断りしていたので

中では撮影はしませんでした。

日本で買うより、2~3割りは安いそうです。

日本人の店員さんもいて

会話を楽しみました♪

|

島根でキャンプ

お盆休みはいかがお過ごしでしたか。

私は、主人が親しくさせていただいている

ジェットスキーの仲間と

島根、浜田までキャンプに行ってきました。

車でおよそ1時間。

海につくやいなや

早速テント張り。

P1040370

暑いのもなんのその。

一致団結

作業が早いこと!

私は・・・日光が苦手で

勝手に日陰で写真係!?

パコも仲間に入れてもらいました。

P1040384

子供たちは、海を満喫。

浮き輪やボードにつかまって

楽しそう。

P1040399

パコちゃんと私は監視員。

P1040406

少年団のような仲良しな仲間に

入れてもらえて

主人は幸せ。

お腹が減ったら、厨房へ。

子供たちのカレーの配給行列です。

P1040408

海辺で食べるカレーって

どうしてかすっごく美味しい。

しかも、作るのは女子じゃないんです。

てきぱきと作ってくれる男子がいて

これまたカッコイイ!

P1040410

主婦の日常とはかけはなれ

動く男子がいろんなことをしてくれる

姫キャンプでした。

ジェットもトラックから降ろして・・・・本格的。

P1040394

本当に魅力的な人たちばかりで

幸せな二日間でした。

パコも楽しかったみたいです。

P1040405

|

2011年8月17日 (水)

パリ旅行③ ルーブル美術館

パリ旅行パート3です。

7月24日

自転車で約3000キロを3週間かけて走るロードレース

「トゥールドフランス」の最終日。

パリのシャンゼリゼとおりまでのゴール区間は

通行止め。

Sany1093

目の前にあるルーブル美術館に行きたいけれど

この通行止めのため

遠回りして美術館へ。

映画「ダ ヴィンチ コード」で見た

ピラミッドの入り口から入らず

空いているといわれているライオンの顔の入り口から

入りました。

正面と違って

ちょっと静かなところです。

Sany1095

映画の中でジャンレノのセリフがとても印象的

ルーブル美術館の正面ピラミッドに対し

「パリの顔に出来た傷だ」。

中に入ると

予想以上の素晴らしさ。

絵画に疎い主人も息子も

大感激でした。

Sany1099

モナリザは特別。

すごい人でした。

思っていたよりも小さくて、遠い・・・。

P1040274

サモトラのニケ

展示場所もとても素晴らしい。

楽しみにしていただけに

さすがはルーブル、

高々とした空間に羽を広げたような美しさ

見上げるような作りに

サモトラのニケはとても映えました。

Sany1104

宗教画や棺、彫刻など

世界各地の歴史を芸術から

学ぶことができる

素晴らしい美術館でした。

次は、もっとゆっくりしたいな~。

P1040276

歩きつかれて

ホテルに帰り

ラウンジでマカロンと紅茶を頂く。

テレビでは、ちょうど

ツールドフランスのゴール間近で

アラブ系の子供たちに混じって

テレビで観戦。

オーストラリアのカデル・エヴァンスの優勝が決まり

優しそうな爽やかで引き締まった顔立ちが

とても輝いていました。

表彰式では、モデルのようなお姉さんたちが

(レースクイーン!?)オレンジや白のボディコンワンピースで

両サイドに立って華を添えているのが

印象的でした。

P1040331

パリの街に酔いしれ

パリの味を堪能し

パリの芸術に感動。

P1040329

|

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »