« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011年8月13日 (土)

パリ旅行② 市内観光 

朝ごはんです♪

ホテルのラウンジで頂きました。

夢のようなゴージャスなひととき

パリパリのクロワッサンに

ふんわりしたオムレツやクレープ

人生最高のアップルパイにも出会いました。

大好きな紅茶も

毎朝、二杯をしっかりいただく。

Sany0936_2

素材にこだわっている

美味しいパンばかり。

バターの香りがフランスの香り?といっていいくらい

惜しみなく使われているバターの香りが

鼻の奥に焼きついています。

P1040295

お部屋から見る景色です。

遠くには、エッフェル塔が見えます。

フランス式5階(日本では6階)のベランダがあるお部屋。

眺めがよかったです。

P1040286

ベッドはツイン。

子供用のエキストラは無料です。

Sany0924

まずは、市内観光から。

オープンツールという

二階建てのオープンバスに乗りました。

3日間乗り放題と、セーヌ川クルーズ込みのチケットを

日本からネットで購入しました。

Sany0954

面倒な手続きや予約のいることは

日本からしておくと便利でした。

バスの二階からの眺めは、建物の細部まで目を凝らして、

しかもワイドに見学できるので、

建物の素晴らしさや

街の中が一気にわかりやすくなりました。

Sany0964

パリのお天気は変わりやすい。

このあたりから一気に雲行きが怪しくなりました。

凱旋門です。↓

Sany0992

このあと、バスを降りてエッフェル塔にも登りました。

エレベーターはすごい列。

↓中でも少ない列があったので並んでみたら

階段を歩いて登る列だということが、なんとなく

分かってきた。

えー100メートルは登るよね・・・(苦笑)

係りの人に、

歩くジェスチャーをしてみせると

「ウィウィ」とうなずく。

周りの外国人に

私の「歩くジェスチャー」を見て、ぷっと笑いが起きました。

フランス語で何か言ってるけど、全くわからない。

きっと「あんた、階段登るの知らないで並んで、アホだね〜」みたいな感じかな。

だからこの列は少なかったんだぁ。

(とはいえ、この行列、30分待ちました。)

Sany1042

なんとか階段を登り最初の展望台へ。

この階段、しんどいけれど

スリル満点。

工事現場の足場を登るような

下が丸見えな階段。

高所恐怖症の私は、膀胱がそわそわしながら

足が震えながら登りました。

早く展望台へたどり着きたくて

しんどいことより、怖さが勝って

さくさく登れました。

あー、さっきの凱旋門だぁ。

Sany1064

第二展望台は、私は諦め

息子と主人は第二展望台まで登る。

帰りも、2人に手を繋いでもらいながら

ほとんど手すりだけを見て

出来るだけ、下を見ないようにしながら

階段を降りました。

Sany1085

もうエッフェル塔は二度と登らないぞ〜

古い街並に

パリ博覧会の当時の近代的な建物

宝石箱を開けたような

オルゴール箱を開けたような

子供の頃からテレビで見てきた美しい女優さんが

目の前にいるような

きらめく感動を、1週間味わい続けられる

美しい街、パリ

次回はルーブル美術館を旅します。

 

|

2011年8月12日 (金)

パリ旅行① トランジット韓国⇒パリ

7月の後半

息子が夏休みに入ってすぐ

家族でパリに行って来ました。

燃油サーチャージが値上がりする前にと

4月ぐらいに飛行機のチケットだけを購入。

福岡ーソウルーパリの往復チケットを買い

ホテルはそれからゆっくり探しました。

旅は準備をするところからが楽しい♪

旅に出てしまうとあっという間ですよね。

福岡からソウル仁川(インチョン)空港まで1時間半のフライト

アシアナ航空です。

とてもキレイな夕焼けの雲海

真白い雪景色のよう。

ほとんどこの景色を眺めていたら、すぐ到着。

Sany0769

機内食はお弁当でした。

リンゴジュースとインスタントのお味噌汁と。

P1040247

インチョンに着きました。

以前、金浦空港には行ったことありますが

仁川空港は初めて。

キレイな空港で、ハブ空港なのに

夜だからか、人気がなく静か。

Sany0778

トランジットの私たちはアシアナ航空から無料ホテルがあてがわれる。

そのホテルは、当日までわからないのです。

送迎バスに乗せられ

空港のすぐ近くの街にある小さなホテル

セビリアホテルに宿泊。

まぁまぁキレイなホテルでよかった~♪

Sany0807

空港近くなので、ほとんど遊べる場所もなく

ホテルで頂いた食事券で夜食と朝食をして

再び仁川空港へ。

ちょうど韓国式の民族衣装でのパレード中でした。

昼間はとっても賑わう活気のある空港で

昨日の夜とは違ってびっくり。

Sany0848

あぁ、パリへいよいよ出発です♪

今から12時間のフライトです。

寝る気満々、スッピンではしゃいでいます。

Sany0871

アシアナ航空のCAさんは

とっても感じが良くて

モデルさんのように美しい方ばかり!!

目が合うたびに微笑んでくれる

そのホスピタリティに

うっとり♪

お食事、サービスともに素晴らしかったです。

さぁ。フランス、パリ、シャルル ド ゴール空港に到着しました。

Sany0913

チューブトンネルの中を行きかうエスカレーター

古い空港だけれども

未来っぽい作り。

銀河鉄道999とかで見たことありそう、な

不思議な作りでした。

空港を出ると

オペラ座まで直行のロワシーバスに乗りました。

1人、1100円程度、およそ40分。

Sany0919

田舎の荒れ果てた感じから

だんだんとパリの街中に建物が変わっていきました。

Sany0923

これがそのオペラ座の上部。

ホテルにチェックインして

ホテルの最上階より撮影。

オペラ座は夏期休暇中。

子供の頃から憧れのバレエ発祥の地

パリ、オペラ座のバレエを観たかったのですが

泣く泣く、次回持ち越しです。

Sany0935

ホテルのロビーラウンジ。

とても明るい天窓にゴージャスな調度品。

歩き方も、心なしか優雅になってしまう

お姫様になれるホテル

「インターコンチネンタル パリ ル グラン」

パリ初心者の私たちにはぴったりの立地。

お値段もリッチでしたが・・・トホホ。

Sany0945

ホテルは、オペラ座からほんの何十メートルのキョリで

近くには、デパート(ラファイエットやプランタン)があり

H&Mやユニクロのチープウェアもすぐに手に入る

便利なところにあります。

このホテルにして大正解。

一番のこだわりは、1週間過ごす快適なホテル・・・ランクと立地。

パリの気温は、20度ない日もあり寒いくらいでした。

セーターを買いに行ったユニクロで

日本人の店員さんを見つけて

「こんなに寒いと思わなかったです!」と言うと

「ここ最近急に寒いです。一気に秋の雰囲気です。」と

パリの人も驚いているような寒さ。

50ユーロ(6000円ぐらいのカーディガンを買い

それを毎日羽織っていました。)

Sany0949

時折、現地で日本人のスタッフや店員さんなどを見つけると

出来るだけ、会話をするように心がけました。

フランス語は×

英語も自信がないですから

現地で情報をいろいろ聞くなら

やっぱり頼りになる日本人♪

旅の恥は掻き捨てて

日本人の旅行客にも声をかけました。

まずはこの一言

「寒いですね~」から。

(つづく)

|

2011年8月 7日 (日)

朗読会無事終わりました

昨日、8月6日

広島市中区大手町のレイノイン地下ホールにて

平和朗読会を開催しました。

二回目となる今年は

レッスン生より11名が参加。

1人1人の課題を乗り越え

緊張しながらのリハーサル⇒本番を迎えました。

朗読だけでなく、心に響く音楽の数々

素晴らしい音楽家の皆さまにお越しいただきました。

Img_0769

今年もメロディスト、歌手の田中ルミ子さんがお越しくださりました。

素晴らしい歌に

みなさんどんなに感動したことでしょう。

今年は震災の影響もあり

より復興への願いを強く感じながら歌ってくださいました。

Img_0778

ルミ子さんの歌のあとは

被爆体験記や原爆詩など

被爆当時の様子を語りました。

想像もできない悲惨な状況を

小学3年生のレッスン生が

まるで自分のことのように

私たちを引き込んでいきます。

Img_0786

リハーサルでは、緊張してしまい

心配していましたが

本番はその10倍素晴らしい感動の内容でした。

そして、今回の特集は「いつか逢える日」を。

Img_0805

3年前にお亡くなりになった水彩画家清水敬宗さんの作品に

悲しみを乗り越えようとしている奥さま京子さんの

温かい愛の溢れる詩を添えた詩画集です。

一年前に頂いた本を朗読会でと、温めて来ました。

Img_0811

水彩画の作品を背景のスクリーンにのせて

レッスン生が詩を朗読していきました。

京子さんもご来場くださり

ライブでの絵と詩を楽しんで頂けました。

ギタリストの川本秀史さんも

お越しくださいました。

久しぶりに聴いた

禁じられた遊びより「愛のロマンス」など。

川本さんが

使命として演奏してくださる

被爆ギターの音色に

涙をそそられます。

Img_0803

左に映っているお花は

親しくさせて頂いている

「クローバー」のフラワーアレンジの田川泰代先生が

活けてくださいました。

今年は2回目ということもあり

参加者の皆さまも

より、のびやかに、訴える力が伝わってきます。

Img_0821

最後には

参加者の友人でもある

小林祥子さんのソプラノと

岩崎理恵さんのピアノに

吉田佐保子さんのフルートが加わって

「Amazing Grace」を開場いっぱいに響かせました。

Img_0835

アンコールでは

田中ルミ子さんに再びご登場いただき

歌詞がとてもメッセージ力のある

「アゲイン」をお願いしました。

参加者全員で手を繋いで見守りました。

Img_0842

二部では、「運命の背中」再上映と

出山監督と作曲家の佐村河内守さん(さむらごうちまもるさん)の

トークショーです。

Img_0873

こちらも出山監督の熱い思いが会場いっぱいに広がり

予想以上の盛り上がりでした。

レイノインの社長から

「ぜひ来年も」と嬉しいお声を頂きました。

主宰する責任は、大変ではありますが

レッスンに来てくださる皆さんや

お土産を手に駆けつけて、

    応援してくれる友人たちに囲まれていると

こうした支えてくれる人たちがいるから出来るんだと

改めて実感しています。

66年目の原爆の日。

長崎出身の私が広島に住み

平和を願う思いを、後世へと発信していける形を

改めて固めている気がします。

ご協力いただきました皆さま

そしてレッスンのお客様

ご来場のお客様

本当にありがとうございました。

|

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »