« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »

2011年3月13日 - 2011年3月19日

2011年3月15日 (火)

地震の当日

11日(金)の地震が起こってから

久しぶりにブログを書いています。

あまりにも悲惨な状況で

とてもブログを書く気持ちになれませんでした。

12日の写真の撮られ方レッスンも自粛し

延期とさせていただきました。

春休みに予定していた旅行もキャンセルしました。

今回の地震

予想以上の大きな被害

とてもとても悲しい思いです。

テレビから目が離せません。

広島にいると

同じ日本の中で

こんなに大変な状況が起こっているのかと

わからないほど、平穏です。

地震が起こった時間

ちょうど息子が学校から帰ってきた時でした。

息子がテレビをつけたら

大変なことになっていて

へりコプターからの中継では、

津波がどんどん田畑に押し寄せていっているではありませんか!

思わず「うぁー!」と2人で叫びました。

リアルタイムで

車や人、街が飲み込まれていくのを息子と見ていました。

息子は、映像の恐ろしさから

怖い、怖いと

トイレや自分の部屋に行くのさえも臆病になっていました。

黒い水は、じわりじわりと攻め寄る

悪魔のようでした。

私の父と母は、山形と秋田の育ちです。

なので親戚のほとんどが東北に住んでいます。

安否の電話が

なかなか取れなかったようです。

今では、無事だということがわかりました。

とはいえ停電や食料不足で

大変だそうです。

これを機に、我が家も避難経路、避難用具をもう一度確認。

我が家は、ペットが増えたので

ペットシーツやエサを避難用具に入れました。

テレビを見ると

気持ちが落ち込みますが

あとは、私たちそれぞれが出来ることから

節電、募金・・・

やっていきましょう。

恵まれてきた日本が今一度

「生きる」という原点に返って

シンプルに「助け合う心、譲り合う心」を

ひとつにするときだなと思います。

ご近所、お隣、人間関係が希薄になっていますが

緊急時は、そういった方々が

助け合う大事な綱なんですよね。

過信していた科学の力も技術力の鎧はもろく

こうなってしまっては

人の力には敵いません。

私の教室は

4月にも予定していますが

様子をみながら

どうするか決めたいと思います。

被災者の方々に心から哀悼の意を表し、

贅沢をせず、心静かにできる限りのことに努めます。

|

« 2011年3月6日 - 2011年3月12日 | トップページ | 2011年3月20日 - 2011年3月26日 »