« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

こんどは大阪へ

2泊滞在していた長崎を朝、旅立って

広島の家でちょっと休憩。

午後からは大阪に再び出発。

大阪時代にラジオのアシスタントをさせていただいた

河内家菊水丸さんの

夏の盆踊りツアーの出陣式に出席。

さすがに息子とパコちゃんは寂しいだろうから

日帰り・・・大阪3~4時間の滞在になりました。

今年も華やかなパーティー

西川きよし師匠やハイヒールリンゴさんなど

菊水丸さんの親しくされていらっしゃる

関西の錚々たるメンバーが来られているなか

広島の私にまでお声をかけて頂いて

そのお人柄には、頭が下がるばかりです。

番組時代のディレクターや女優の三島ゆり子さんなど

番組の同窓会になっているのも

とても楽しみです。

菊水丸さんの御ひいき筋の方から

「今年も広島から来られたの?」とか

「広島でも仕事してるの?」とか

声をかけて頂いたりしたのが

嬉しかったです。

P1001608

帰りは、家族ぐるみで親しくさせていただいている

菊水丸さんの番組でも共演していた立原啓裕さんに

(探偵ナイトスクープの元探偵さん↑写真挨拶中)

駅まで送っていただいて

無事、最終列車に間に合う。

新大阪駅にて

最終22時29分発を待つ。

P1001610

怒涛のような週末でしたが

こんなに短時間で

大事な人にたくさん会えたのは滅多にないこと。

こういった人との繋がりを大事にすることを学んだお手本は

菊水丸さんです。

そしてそれを理解してくれる家族にも感謝・・・

息子とパコをしっかり抱きしめて寝ることにします。

|

2011年6月26日 (日)

福岡⇒長崎

博多での仕事を終えて

すぐに長崎行きの「かもめ」に飛び乗りました。

高校の同窓会の日

博多にいるというグッドタイミングだったので

足を伸ばして

初めて参加しました。

長崎西高校を卒業して

18年。

クラスが11クラスのマンモス校です。

今回は、参加者が30~40人ぐらいだったので

同じクラス人は3~4人しかいなかったです。

思ったより誰が誰だかさっぱりわからず・・・

名前を聞いても思い出せず・・・

記憶はすっかり無くなっていました。

P1001604

幹事がアルバムを持っていたので

それをじっくり見比べて

ようやく「あ~!」「あ~!」と

思い出す始末。

(中には、西島秀俊似のイケメン君がいて

俳優になればいいのにな~というオーラの人も!)

中学からのメンバーは

よーく覚えているので

結局二次会は、そんな気心知れたメンバーになりました。

P1040124

写真を撮って気づきました。

左から小児科、歯科、麻酔科のドクターに囲まれてる!

あ~なんて優秀で明るい友達たちなんでしょ。

改めてこういった友達に囲まれていること誇りに思います。

銅座町という繁華街で

夜中の2時までおしゃべりしました。

翌日は長崎に住んでいる

NHKの広島局時代の元同僚夫妻が

実家に遊びに来てくれました。

私の甥(小3)と姪(小6)が

チビちゃんたち(1歳と3歳)を子守してくれたおかげで

ゆっくり話が弾んで

兄家族と両親も含めて

みんなで夕飯を囲んでおしゃべりしました。

P1040125

博多出張から

長崎再会の旅に発展。

ずっと続く友情って

ありがたいな~としみじみ思う

長崎での2泊3日でした。

|

2011年6月25日 (土)

再び福岡です

前回ブログにのせた同じ場所から撮影

e-mobileの板野友美ちゃんだった看板が

ご覧のように

ガチャピン&ムックの

涼しげなブルーの看板になっていました。

今日は、吸い込まれないぞ~と

博多阪急百貨店の前を

勇み足で通過~。

先日、髪を少し切りました。

この時期は膨張し、ボサボサになるので

カラーリングとトリートメントをしてもらい

ちょっとしっとりしました。

P1001602

|

2011年6月24日 (金)

羽田空港のお土産 for paco

P1040075

仲良しの奈緒ちゃんが

羽田空港限定のお土産を買ってきてくれました。

うわ~おいしそ~♪

と、思ったら

これはパコちゃん用、だそう。

P1040077

雷おこしや、焼き芋せんべい

鳩サブレまである!!くぅ~。

P1040100

そろそろ美容院行きだね。

顔が見えないくらいボーボーだよ。

P1040106

「ステーキでタン」美味しそうなクッキー。

パコもお土産をもらうなんて

大した存在感だわ。

羨ましそうに見つめてしまう、私たち家族なのでした。

これは、さすがにパコちゃんのじゃないよ。

宮崎産マンゴー♪

P1040120

母からもらった、今一番のお気に入りのお皿に

のせてみる。

ごめんね、これはパコには香りだけ・・・(笑)

P1040122

|

2011年6月18日 (土)

仕事スタンバイ中~

広島市文化交流会館(旧厚生年金会館)の中にある会議室

今日はお仕事です。

久しぶりにいいお天気。

早く着いたので

3階の和食のお店に通され

お茶をいただいています。

P1040111

初めて行ったのですが

とても素敵な雰囲気でした。

今度はゆっくりランチに来たいな、と。

川の景色を見ながら

ふと仕事の前ということを忘れるのどかさでした。

|

2011年6月17日 (金)

福岡です

P1001596

この春、

新しくなった博多駅。

お仕事の関係で

最近ちょくちょくお邪魔しています。

阪急百貨店が出来てから

駅が楽しくなりました。

つい、吸い込まれるように入ってしまいます。

大阪に住んでいたころは

阪急だけが託児所があったので

2時間預けて、買い物が息抜きでした。

(今はなくなりました。)

博多の阪急は、驚くほど

全体的に店員さんが感じがいいです。

ちょうど地下で

スイーツのテレビ収録の準備していました。

スタンバイしているスザンヌを発見!

なんて色が白くて、かわいいんでしょ♪

そのあとうろうろしていたら

見知らぬ男の人に

付きまとわれ

怖くなってそそくさと新幹線に逃げ込みました。

ア~怖かった。

とっさにカバンの隙間に入れられたメモの切れ端が・・・!

メールアドレスと電話番号、名前が書かれていました。

こういうのって、苦手です。

しかも、こんなオバチャンに・・・(苦笑)

女性との距離感にもマナーが大切。

博多駅での一人歩き

いろんなことがありました。

|

2011年6月15日 (水)

カメ!危機一髪!

我が家には

7年生きてるカメが2匹います。

3センチほどの大きさでやってきて

今では10センチ以上に成長しました。

名前は「カメコ」と「チビカメ」です。

今ではどちらも名前が似合わないくらい大きくなりました。

夜、息子が水槽を覗き込むと

「カメコ」が、動かないことに気づきました。

プラスチックの岩場から出られなくなっていたようです。

手、足、頭とも、だらーんと伸びきって

力が抜けていて動きません。

もう死んでしまったと思って

息子と私は号泣!いや発狂!

主人がさすってみると

微かに動いたような気配。

「あ、今動かなかった!?」

「死後痙攣なのかな・・・」

諦めたくない一心で

何度もさすってみる。

するとなんとなくピクピク動いている感じがするのです。

とっさに主人の判断で

心肺蘇生を試みる。

ハロゲンヒーターで温めながら

洗面器の上で水をかけながら

体をマッサージ。

甲羅があるから、どこがポンプになるのか

元気な「チビカメ」と見比べながら

体を上下にしたり、喉元、手、足をさすったり伸縮をしてみる。

P1001583

そうするうちに

白目になって意識が無かったカメコが

口を開いて泡を吹きました。

それから、微かに目や口が動くのです。

ゼニガメは肺呼吸なので、台に挟まってしまって

息が出来ずに、溺れていたのかもしれません。

2~3秒自分で起きては、すぐぐったり。

一喜一憂しながら、さすりったりして見守りました。

P1001585

この非常事態をわかってか、

パコも心配そうに、見守る。

もうダメかな・・・そんな思いで

写真を撮っていました。

最後の様子を記録に収めようと。

さすがに深夜2時ごろになると

夫も私も眠くなり

この子の体力にかけよう、ということになりました。

P1001588

撮った瞬間、また涙が出ました。

まるでさようなら、と手を振っているようで・・・。

寝付けず、何度も見守りながら

朝が来ました。

ぐったりしていたカメコが

頭を上げて、ゆっくり歩けるまで回復していました。

P1001589

昨日の状態がウソのようです。

でも、まだエサを食べません。

元気に回復、ではありませんが

あの危機を脱したことには間違いありません。

予断を許しませんが

早く元気になってもらいたいです。

我が家は大切な6人家族だと

再認識しました。

荒生動物園、飼育員頑張ります。

|

2011年6月14日 (火)

免許証が来ました

P1001574

ふふふ。

これは見せびらかしておかなくちゃ。

船の操縦免許が届きました。

夏が待ち遠しいです。

オレンジ色のケースは

ビニールクッションケース。

これに入れておけば

海の上でもプカプカ浮いてくれる

安心な免許証ケースです。

主人が免許を取った時は

このケースはもらえなかったそうで

羨ましがっていました。

あいにく今は梅雨なので

ムラサキスポーツあたりに行って

まずは格好から入ることにします。

|

2011年6月13日 (月)

広島文教女子大非常勤です

土曜日は広島文教女子大での講義でした。

息子も順調

心配した母が長崎から来ています。

P1001582

講義では

とても柔軟で飲み込みが早い学生たち。

最後は笑顔で帰っていく姿に

嬉しくなりました。

女子大ならではのカリキュラム

光栄にも関わらせて頂いて

学生が羨ましいな~と思います。

先生たちが丁寧なフォローをしてくださいます。

ずっと共学だったので

上品な雰囲気だな~と

なおさら思います。

いや・・・スパルタ式の

厳しい体育学科卒なので

強烈に羨ましく思ってしまいます。

|

2011年6月11日 (土)

息子の症状報告

ブログ久しぶりの復活です。

息子が修学旅行先の壱岐で

ツツガムシという有毒ダニに噛まれ

危険な目に遭いました。

旅行から帰宅早々、ぐったりした様子。

夜から急激に高熱が出て

まるでインフルエンザのよう。

違うのは、

顔が真赤で目も真赤。

パンパンに浮腫んだ顔を見ていて

これは何かがおかしい・・・と

嫌な予感。

熱さまし薬を飲ませても、変わらず39度6ぶ!

担任の先生から

息子だけが虫に刺され、謝罪を受けたことを思い出し

体じゅうの刺された傷口を見てまわる。

4~5箇所はあったでしょうか

息子は靴づれだと言っていたこの傷口

水泡か膿か、パンパンに膨らんでいるのにギョッとする。

P1001559

そして、股関節が痛くて歩けないと言う。

もしやこの傷からリンパまで腫れているのでは!?

ネットで虫の病気を調べて怖くなり

夜中に舟入病院へ連れて行きました。

抗生剤の点滴を打ってもらい、

息子のそばでウトウトする・・・点滴終わりは夜が明けてました。

熱は2日間続き、ほとんど寝込んだままです。

週始めに市民病院小児科へ連れて行きました。

舟入病院時よりも

血液の炎症値が急激に高くなっていて

即入院。

およそ一週間とのこと。

そそくさと入院の準備が始まりました。

点滴の針がうまく入らず

涙をポロポロ流しながらも耐える息子。

2人でカーテン越しに泣きました。

入院は3回目。

1歳の誕生日の脱腸と、去年の精巣捻転。

去年の入院と同じ部屋で、それも驚きました。

戻っては来たくないものですね。

P1001570

ツツガムシの3症状

「高熱」「刺し傷」、そのあと遅れて出てくる「発疹」が

太もも、鎖骨周りに出てきました。

そして、早いうちに舟入病院で点滴したのがよかったようで

先生から思ったより回復が早いと告げられました。

主人いわく、「母親の勘ほど勝るものはない」と言われ

日々、なにげなく子供の変化を見守ることの大切さを改めて実感しました。

P1001569

付き添いの椅子はリクライニングできるので

ここで寝泊りしました。

見回りの看護師さんも来るし

寝返りも打てず、熟睡できません。

主人が、飛行機好きの私に

「フルフラットになるファーストクラスだと思ってね♪」と

心をくすぐる励ましを受けながら

なんとか過ごしました。

(多忙な主人には、ぐっすり家で寝てもらいたいし・・・。)

その後、順調な回復で

早く退院できました。

たくさんの励ましのメールや

お見舞いを頂きまして

本当にありがとうございました。

まだお礼のお返事をしていない状況でして

本当に申し訳なく思っています。

仕事の締め切りもどんどん迫ってくるので

疲れていた時はちゃぶ台をひっくり返すような勢いで、逃げ出したいと思いました。

でも、たくさんの励ましの言葉を息子に頂いたり

仕事でもたくさんの嬉しい出会いがあり

人の優しさをが胸に沁みました。

ほんと、無事治ってよかった。

ツツガムシ恐るべし、壱岐恐るべしです。

野山に行くときは、ご注意ください。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »